.clearfix:after

  • tags: css, css2, clearfix

    • :after を使おう

      CSS2 プロパティは、余分なコンテンツを CSS を通して要素の終わりに加えます。 それ(余分なコンテンツ)は、実際のマークアップ上の HTML 内で必要ないことを意味します。 ターゲット要素のすべての通常の内容の後で挿入された本物の HTML 要素がそうして、内容は CSS stylesheet 内から指定されて、ページに乗ります。 内容を含む :after は CSS プロパティ、’position’ ‘float’、list プロパティ、table プロパティを受け取れません。 しかしながら、’clear’ プロパティだけは適用されます。 ここまではわかったかな?

      私たちは period を使ってシンプルなキャラクタに :after を挿入します、それから  {clear: both;}  を発生する要素に与えます。 それはあなたが本当にやっつける必要があるすべてです、しかし誰も行間が彼らのクリーンなコンテナボックスの端を台無しにしていることを望みません、そこで私たちはまた {height:0;} と  {visibility: hidden;}  を使って表示される領域から我々の period で維持します。

0 Responses to “.clearfix:after”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




Archives

Blog Stats

  • 43,247 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。